重要な役割

小さいけれど鍵は個々の安全を守る

鍵は様々な種類と形状がありますが、どれも手のひらに収まるほど小さい物です。住居を始め、その他建物と利用する人の大切な財産や資料を守るという大きな役割を果たしている物です。大切な鍵を無くしてしまったり、開けようと思った場所で開閉ができないなど、突然使用できない状態にある時に鍵に詳しい人でなければ対処は難しいものですが、専門家を依頼すれば多くの場合解決します。簡単な操作の鍵はその場所を管理する人にとっては使いやすいことですが、防犯面を考えた時に果たして現在使用しているタイプが妥当であるかは専門家でないと分かりません。近年、従来型に加えキーレスのオートロックを併用しする他、窓にもダイヤルロック形式などの取り付けが行われています。

アナログ派デジタル派どちらが理想

日本では多くの場所にシリンダータイプの鍵が設置されています。取り扱いがしやすいことに人気がありシリンダータイプでも型ごとに構造の違いがあります。ピックを使い鍵開けを簡単に出来ないような工夫がされ、ドア側も鍵の双方で複雑な形状になっています。デジタル鍵は暗証番号やIDで管理開閉するタイプです。従来のアナログに加え補助として取り付けることもできます。キーレスタイプでスマートフォンなどからの操作も行えるものもあります。今後、益々セキュリティも更なる向上と共に遠隔操作も可能となる鍵が登場して来ることでしょう。デジタルは安全面では大変に優れているシステムですが、気をつけたいことは暗証番号を忘れてしまわない注意が必要となります。