なくしてしまう

鍵を紛失したときにしなければいけないこと

鍵は家のドアや自動車など普段の生活に必要な部分に使われていますが、サイズが小さいものがほとんどで紛失してしまうことがあります。失くしてしまうと様々なものが使えなくなってしまうので、早急な対処が必要になります。探しても見つからなかった場合、対処法としては大きく分けて二つあります。まず一つ目は、専門店で合鍵を作製するという方法です。家の鍵など、家族が同じ物を所持している場合は、その型を取るだけなので簡単に作ることができます。同じ物がなくても、鍵穴から新たに作成することも可能です。二つ目は、新しく鍵を取り換えるという方法です。この方法も専門の業者がたくさんあるので、依頼することで工事してもらうことができます。

新しく取り換えることのメリット

2つ目に紹介した、新しく鍵全体を取り換えるという方法には、工事が必要なため多少時間と費用がかかりますが、その分大きなメリットがあります。まずは他人からの悪用を防ぐことができるという点です。失くした物と同じ型のものを使い続けていると、もし他人が失くした鍵を拾っていた場合それを使って解除することができてしまいます。全て取り換えることで、確実に泥棒対策をすることができます。また、2つ目のメリットは、より新しく防犯性の高い鍵に取り換えることができるという点です。古い鍵は、ドリルなどの工具で簡単に開けてしまうことができるものが多く、鍵を持っていてきちんと施錠していたとしても破られてしまう危険性が高いです。新しいものは、技術の進化に伴い様々な不正解除に対応しているためより安全なのです。