狙われる

鍵は防犯効果の基本になる

空き巣による窃盗の被害は年々増加しているそうです。空き巣が窃盗を行いやすい条件として、家の鍵をかけていない家と、簡単に侵入できる家というものがあります。鍵の構造が比較的簡単なものの場合、1分ほどで開錠する場合もあるようです。空き巣が泥棒に入る時は、目当ての家が留守であることを確認し、見つからないように鍵を開けます。なかなか鍵を開けられない場合は、泥棒に入ることをあきらめるケースが多いといわれています。時間がかかることで、ほかの人に見つかるリスクがあるからです。つまり、空き巣を防止するには、開けにくい鍵であることが効果的なのです。安全性の高い耐ピッキングシリンダーキーや、ひとつのドアに2つの鍵をつける1ドア2ロックも効果的です。

シリンダーの交換などをする時の注意点

特にお金を持っていそうな家、高齢者の世帯、女性の一人暮らし、留守がちの家は、空き巣に狙われやすいことから、開錠しにくい鍵にすることで、防犯効果を高めることができます。自宅に住んでいる人の場合は、鍵の専門業者に防犯効果の高いシリンダーの交換ができますが、賃貸物件に住んでいる場合は、自分で勝手に交換するとトラブルのもとになります。必ず管理会社か不動産業者に連絡して、シリンダーの交換をしてもいいか、相談するようにしましょう。また、シリンダーはそのままにして使用し、補助鍵などを取り付ける場合も、必ず管理会社に連絡するようにしましょう。シリンダーの交換や補助鍵の取り付けができる場合、費用負担は借主が負担するケースが多いです。